不動産売買に関わるトラブル

不動産にまつわるトラブルは多数あります。商品としての欠陥が無いか確かめることが難しいため、一度は納得して契約をしたけれども、説明されたことと異なる部分が後からでてくることがトラブルにつながります。

契約内容の精査や、不動産販売業者として説明責任・調査義務が果たされたかの確認を行い、損害賠償金の請求もしくは契約の解除を図ります。

賃貸オーナーの方のお悩み

現行の借地借家法は借主の生活を守るため、賃貸オーナーの方々にとっては非常に不利な法律です。オーナーさんみずからが借り主と交渉しても解決することは非常に難しい場合がほとんどです。

借主の権利が強いため、放置すれば放置するほど問題は悪化していきます。気がかりなことがあれば、早急にご相談ください。

解決事例

不動産の解決事例

  • 依頼者   賃貸物件オーナー(個人)
  • 状況
    賃借人がたびたび家賃を滞納するので、賃貸借関係を解消したかった。
  • 弁護結果
    賃貸借契約解除の意思表示をし、賃借人と明渡しの交渉を経た後、敷金の範囲内で物件を明け渡させることができた。
弁護士費用
相談料

初回の相談(30分)は無料でたまわります。それ以降の相談は30分5,000円(税抜)です。

着手金 報酬金
借地権の金額着手金及び報酬金の基本金額(税別)
5,000万円以下30万円より
5,000万円以上30万円+5%(5,000万円を超える分の)

事案により基準金額の対象が変わります。基準金額の大きさを基に着手金、報酬金を計算いたします。

対象基準金額
不動産の所有権が問題となる事案 対象物の時価総額
不動産の地上権、永小作権、賃借権
及び使用借権が問題となる事案
対象物の時価の2分の1の額
(その権利の時価が対象物の時価の2分の1の額を超えるときは、その権利の時価相当額)
不動産の地役権が問題となる事案承役地の時価の2分の1の額
不動産の担保権等の
登記手続請求事件
被担保債権額
(担保物の時価が債権額に達しないときは担保物の時価相当額)
基準金額着手金(税別)報酬金(税別)
300万円以下の部分8%16%
300万円を超え3,000万円以下の部分5%10%
3,000万円を超え3億円以下の部分 3%6%
3億円を超える部分 2%4%
メールでの相談お申し込み

メールでの法律相談は行っておりません。ご相談は当事務所にてお願いいたします。

は入力必須項目です。

    必須お名前

    必須カナ

    必須年齢

    必須電話番号

    必須メールアドレス

    キャリアメール(@docomo.ne.jp、@au.com、@softbank.ne.jp等)をお使いの場合、当事務所からのメールが届かない場合があります。akashi-law.comからのメールを受け取れるよう受信リスト設定をお願いします。

    ご希望のご連絡方法
    電話メール
    お電話の場合は、ご連絡希望時間をお選びください。
    から

    の間。

    ご相談の希望日時

    第1希望:

    第2希望:

    ご相談の内容

    ※フォームよりお申し込みの後、3営業日以内に返信の無い場合はお手数ですが電話にて「078-915-1301」までご連絡ください。