人身被害に遭った場合の受け取れる金額 裁判で認められる金額>相手方保険会社の提示金額

「交通事故に遭い、人身被害者になってしまった・・・。しかし相手から保険料の支払いがあるだろう。」ここまではほとんどの方が思いつかれると思います。

しかし同時に、相手方の任意保険の会社から提示があって、それが上がるものだと思っていない方がほとんどです。保険会社は利益を上げるため、保険金の支払いをできるだけ少なくしたいと考えています。ですから、

保険会社は「支払える保険料はこれだけです。」とあたかもそれが当然のように、裁判で認められる金額より低い金額を言ってきます。

事故を起こした相手方保険会社の提示してくる保険金額をそのまま受け入れてはいけません。したがって多くの場合、裁判を起こすことによって得られる金額は、提示金額よりも高くなります。

  • 自分が受けた被害に応じた賠償額になっているのか
  • 将来にわたって得られない利益は算定されているか?(逸失利益:むちうちとか障害の認定を受けて認められる数字と賠償額の乖離)
  • その他個別の事故の状況

これらについて法的知識、等級認定の妥当性や診断書の鑑定に必要な医学知識といった専門知識を武器に保険会社と戦います。

事故に遭ってしまったのは非常に不運なことです。事故により、心にも体にも傷が残ります。一刻もはやく忘れて普通の生活に戻りたいと思われるのは当然です。

しかし、受けてしまった傷に対して相応の賠償金をしっかりと受け取るべきです。そのお金を元に、新しい生活を始めましょう!

解決事例

交通事故の解決事例

  • 依頼者   女性(40歳)
  • 状況
    後遺障害がないことを前提とした示談金(後遺障害慰謝料、逸失利益を考慮しない金額)の提示を受けた
  • 弁護結果
    後遺障害等級認定(14級)を得て、後遺障害の発生を前提とした賠償金(後遺障害慰謝料110万円、逸失利益約45万円)を獲得

交通事故の解決事例

  • 依頼者   男性(24歳)
  • 状況
    死亡事故につき保険会社の死亡慰謝料に関する提示額が約1500万円であった
  • 弁護結果
    裁判を起こした結果,死亡慰謝料に関し2800万円の支払を受けることができた
弁護士費用
着手金

着手金は基本無料です。成功報酬にて費用を頂きます。お気軽にご相談ください。成功報酬の規定は以下の通りです。

報酬金

保険会社から示談案の提示がある場合

示談交渉で解決した場合10万円(固定費)
+15%(示談案を上回った金額の)
裁判手続で解決した場合20万円(固定費)
+15%(示談案を上回った金額の)

保険会社から示談案の提示が無い場合

示談交渉で解決した場合10万円(固定費)
+10%(回収金額の)
裁判手続で解決した場合20万円(固定費)
+10%(回収金額の)

※上記の報酬体系は、弁護士費用特約を利用しない場合のものであり、弁護士費用特約を利用する場合は、各損害保険会社が定める弁護士報酬基準(多くはリーガルアクセスセンターが定める基準)に従った報酬体系となります。
※上記の報酬体系は、消費税を含みません。また、消費税率は、報酬等が発生した時点の消費税率によります。
※上記報酬体系によって算定した報酬額が、示談案を上回った額(保険会社から示談案の提示がある場合)若しくは回収金額(保険会社から示談案の提示が無い場合)よりも高額となる場合、示談案を上回った額若しくは回収金額を報酬の上限とします。

メールでの相談お申し込み

メールでの法律相談は行っておりません。ご相談は当事務所にてお願いいたします。

は入力必須項目です。

必須お名前

必須カナ

必須年齢

電話番号

必須メールアドレス

ご希望のご連絡方法
電話メール
お電話の場合は、ご連絡希望時間をお選びください。
から

の間。

携帯電話のメールアドレスへご連絡希望の場合はPCメールを受信できるように設定をお願いいたします。

ご相談の希望日時

第1希望:

第2希望:

ご相談の内容

※フォームよりお申し込みの後、3営業日以内に返信の無い場合はお手数ですが電話にて「078-915-1301」までご連絡ください。