別れたほうが互いに幸せになれる男女のための離婚相談を承ります。
  • 勢いで結婚をしてみたもののどうも合わない・・・
  • 浮気をされ相手に裏切られた・・・
  • こんな人だと思わなかった・・・
  • 想像していた結婚生活とかけ離れている・・・
離婚

結婚をする時は、相手との素敵な結婚生活を夢見てするものだと思います。しかし、実際に一緒に生活してみることで初めて分かることは本当に多くあります。また、何かが切欠でお互いの価値観が変わってしまい、相手と一緒にいることが苦痛になってしまう場合もあります。

離婚問題は感情的になりやすく、離婚の相談を受けるたびに別れた方が互いに幸せになれるだろうと感じます。離婚相談をしに来る方は、誰しもが相手と別れたいと思っています。しかし、それに踏み切れないのは「別れた後の生活」に対する不安も抱えているからです。

ご相談者が抱える主な悩み
  • 目の前の生活費(婚姻費用)が欲しい
  • 別れて、養育費なり、慰謝料が欲しい
  • 財産分与の話で、家の名義を自分にしたい
  • 年金分割
  • 別れてからも子供には会いたい(面接交渉)
  • 親権が欲しい

多くの相談者が、別れることを前提にこれらの内容について聞かれます。これらについて自分の希望を通すために、最も重要なポイントは「離婚の理由」にあります。

相手に対して離婚を請求する正当な理由があるのか?

気持ちでは相手と別れたいと思っていても、性格の不一致だけでの離婚は難しく、相手の浮気を立証することも非常に難しいのです。

ですからまずは現状をしっかり把握し、「離婚をするために必要な行動」について適切なアドバイスをさせていただきます。裁判になった時のことも踏まえた言動が必要になります。

離婚問題はどうしても感情的になりやすい問題です。当人同士のみでの話し合いでは、互いのパワーバランス次第で不利益を被ることもあります。弁護士として間に入ることで、相手の言いなりにならず、こちらの言い分・請求をもれなくはっきりと伝えます。

離婚は気持ちだけでできるものではありません。婚姻関係は法的なものであり、離婚をするためには法的な判断が必要となります。ですから、まずは法のプロフェッショナルである弁護士にご相談いただければと思います。

解決事例

離婚の解決事例

  • 依頼者   女性(45歳 子供有り)
  • 状況
    別居中の夫からの離婚、慰謝料、財産分与、親権、養育費支払請求を受けたが、慰謝料、財産分与、親権、養育費支払を認めたく無い。
  • 弁護結果
    妻から夫に対し、離婚、慰謝料、財産分与、親権、養育費支払請求を反訴提起。夫側の親権、金銭支払請求は全て棄却され、妻側の全ての請求が認容された。
弁護士費用

①離婚交渉又は離婚調停事件

着手金30万円(税別)
報酬金30万円(税別)

②離婚訴訟事件

着手金30万円(税別)
報酬金40万円(税別)

※離婚調停から離婚訴訟に移行する場合、追加の着手金として、差額の10万円をいただきます。

離婚請求とともに、下記の財産給付を請求する場合、着手金はいただきません、報酬金として以下の費用をいただきます。

婚姻費用

報酬金婚姻費用の10%

養育費

報酬金養育費2年分の10%

慰謝料

慰謝料額報酬金
300万円以下の部分16%
300万円を超え3000万円以下の部分10%

財産分与

報酬金財産分与として認められた金額の10%

※費用につきましては,後払いや分割払など,ご依頼者様の経済事情に応じて柔軟に対応させていただきます。

メールでの相談お申し込み

メールでの法律相談は行っておりません。ご相談は当事務所にてお願いいたします。

は入力必須項目です。

必須お名前

必須カナ

必須年齢

電話番号

必須メールアドレス

ご希望のご連絡方法
電話メール
お電話の場合は、ご連絡希望時間をお選びください。
から

の間。

携帯電話のメールアドレスへご連絡希望の場合はPCメールを受信できるように設定をお願いいたします。

ご相談の希望日時

第1希望:

第2希望:

ご相談の内容

※フォームよりお申し込みの後、3営業日以内に返信の無い場合はお手数ですが電話にて「078-915-1301」までご連絡ください。